磐田市で技術と心を大切に、お客様に愛される家を建てる職人魂

朝日住宅株式会社

おかげさまで40周年

職人魂

職人魂

“財産”と呼べる
プロ集団

5,000棟に及ぶ住宅の一棟一棟に、お客様との思い出がたくさん詰まっています。実現したのは、創業からずっと心をこめて建物という作品をつくり上げてきた朝日住宅が誇る職人さん達です。
「朝日住宅の現場は他とは違う」と言われます。
その違いはお互いが思いやりをもって工事を進めていくあたたかさにあります。卓越した技術のみならず、心を大切にするのが朝日住宅の職人魂です。

卓越した技術と、思いやりのあるチームワークで、家をつくりあげる

大工さん紹介

今田 好一

大工は本当に良い仕事だと思うよ。
同じ家は一軒もないし、毎日違うことをやるから飽きない。
小学生のころから現場に来て手伝っていた息子が、今は建築の仕事をしている。
そりゃ嬉しいさ。小名の後姿をちゃんと見てもらっていたってことだからさ。

杉山 秀次

ずっとこの道一筋。朝日一筋。でも、一軒として同じ家はないから飽きないね。
俺にとっては何百棟のうちの一棟だけど、お施主様にとっては一棟中の一棟。そういう気持ちを忘れないことが大切だと思うよ。

坂井 徹

大工は本当にやりがいのある仕事。ひとりで家を一棟建てちゃうんだから気持ちいいね。
夏の炎天下や水溜りが凍る程寒い日は厳しい仕事だって思うけど、お客様の本当に嬉しそうな笑顔を見ると、そんな苦労も吹き飛ぶよ。

岡田 健二

関わった家は二百棟近くになると思うけど、家を建てるっていうのはお客様にとって一世一代の仕事。
僕は慣れていても初めて家を建てるお客様の気持ちになっていつでも真剣勝負をしています。
長年の勘と技術で自分が納得のいく仕事を心掛けています。
そういう事を分かって出来上がりを喜んでもらえると嬉しいね。

岩本 保則

俺がやった造作は、極端に言えば釘なんか打たなくても落ちてこない。
それが三代続いている大工の誇り。
そんな微妙な技術がとても大事だと思って、いつも「自分の家を建てる」気持ちで仕事をしています。

岡村 実

僕は現場で木を切るのが好きだね。
プレカットは確かに便利で機能的だけど、「頭を使う」っていう一番楽しいところがないから。
昔ながらの工法が出来る大工は技が光っていて、やっぱり造作に違いが出ると信じているよ。
今まで建てた家は百軒を超えていると思う。
自分が建てた家はしっかり覚えてて、近くを通ると必ず思い出すね。

松井 良則

僕のポリシーは「お客様を絶対にがっかりさせたくない」ということ。
一本一本の釘も気持ちを込めて打ち込まないと。
弟子たちにも、常々そう言って、心をひとつにして仕事をしています。
僕らが心を込めた仕事は、必ず住む人の心にも届くと信じています。

青島 久夫

将棋みたいなもんだね。
後工程を何手か先まできちんと読めれば、目の前の「堅い仕事」がいかに大事かがわかる。
ひとつひとつを丁寧にやらないと、最後の仕上がりに影響する。
そうやって家一軒造っちゃうんだから、自分でも感心するよ。
朝日住宅は大企業じゃない分(笑)、人間味があって親切だと思うよ。

藤下 正勝

お施主様に喜ばれる仕事をしたいっていうのが本音。
大工だけに「お客さんに気(木)を使う…なんてね(笑)」
朝日住宅は、本当に気さくで親切で仕事がやりやすい会社。
23年余になるけど仕事に飽きないし、居心地もいい。
本当に感謝しています。

木下 義幸

この道に進んで50年。
ずいぶんたくさん建ててきたけど、家は使い易くて住み易いのが一番だと思う。
だから現状よりも良くなる可能性があるのなら監督を通して設計変更を相談することもあるかな。
モットーは「ひとつひとつ、こつこつ丁寧に」自分で納得のいく仕事を一生懸命したいね。

朝日住宅が選ばれる
4つの理由

損得より善悪の精神

損得より善悪の精神

「損得より善悪の精神」が地元で愛される企業であり続ける礎を築いています。

詳しくはこちら

家づくりのプライド

家づくりのプライド

住まう人の「一番幸せ」のために、健やかな住まいを建てることが私たちの誇りです。

詳しくはこちら

地域密着のこだわり

地域密着のこだわり

地域に根差した企業だからこそできる「お客様にとっての有益性」を追究します。

詳しくはこちら

お客様満足度No.1へ

お客様満足度No.1へ

資本主義だけでないお客様主義の姿勢を貫き、お客様に愛される企業を目指します。

詳しくはこちら
メニュー